加齢臭を改善して健康的な体に|ニオイ対策で健康ライフ

おばちゃん

体臭とアルコールの関連性

中年女性

加齢臭は成人に多く発生する体臭の1つです。体質や生活環境が大きく関わっています。加齢臭を増加させるものは脂肪分を多く含んだ食品があります。お酒などに含まれるアルコール成分も加齢臭の原因になります。成人している人なら、お酒を飲む人も多いでしょう。飲酒が習慣になっている人は、同時に脂っこい、つまみを食べる可能性が高いので、加齢臭が強くなる場合があります。動物性の脂肪に限らず、脂肪分を摂取すると、血液中の中性脂肪の数値が高くなります。中性脂肪が高くなると、加齢臭の原因となる成分を多く生成してしまうことになります。そこにアルコールが加わると、加齢臭をさらに強めてしまうことになるのです。

アルコールは体内に入ると、肝臓で分解されます。その時に、アセトアルデヒドという物質が生成されます。このアルコールが分解される時に活性酵素が発生し、ニオイ成分の元であるノネナールを発生させてしまうのです。アルコールと脂肪分の高い食品の効果で、ノネナールの生成量は多くなってしまうのです。加齢臭対策を考えている場合は、普段の食事から脂肪分の多い食品を減らし、お酒を飲む回数を減らすことが大切です。お酒を飲むと、酔いが回り、食欲も増進されます。加齢臭の対策をするにあたって、アルコールの摂取量は減らすべきなのですが、付き合いなどでどうしてもお酒を飲まなければならない場合は、せめてつまみなどは脂肪分の少ない物やビタミンなどの抗酸化作用がある食べ物を選ぶことが大切です。食事による加齢臭対策は、日々の積み重ねで効果を出すことができるので、継続的に続けることが重要です。