加齢臭を改善して健康的な体に|ニオイ対策で健康ライフ

おばちゃん

体に嬉しい成分

女性

加齢臭対策を行なうためには、動物性脂肪分の高い食品は控えるようにしましょう。脂肪分が多い食べ物としては、油で揚げたフライ食品、脂肪分の多い肉類、マヨネーズなどの脂肪分の多いドレッシング、卵の卵黄部分も脂肪分が高いです。これらの脂肪を多く含む食品というのは、身体の酸化を促進させ、加齢臭のニオイを強くする場合があるのです。加齢臭対策を行なうのであれば、脂肪分の少ないヘルシーな食事を摂ることで加齢臭対策をおこないましょう。

身体の酸化を抑えるためにはビタミンCやビタミンE、カテキン、ポリフェノール、βカロチンも効果的です。これらの成分が多く含まれているのが緑黄色野菜です。緑黄色野菜は抗酸化作用があるので、活性酵素の機能を抑制する事が出来るのです。加齢臭の原因の1つのノネナールは活性酵素が発生することで、活性化するので、加齢臭対策には効果的です。ビタミンCやビタミンEは野菜以外にも、アーモンドなどのナッツ類や、抹茶、うなぎなどにも豊富に含まれています。ですが、野菜以外の食品からビタミン類を摂取する場合は、脂肪分も一緒に摂取する可能性も高いので、注意が必要です。ビタミンをとっても脂肪分が増えてしまっては、酸化を抑える効果が半減してしまいます。ビタミンCは一度に多く摂取しても、一回で身体に吸収される限度があるので、摂取されなかったビタミンは、体外に排出されてしまいます。そのために、一度に摂取するのではなく、食事の中にこまめにビタミン成分が豊富な食材を織り交ぜて摂取すると良いでしょう。食事だけで摂取することが難しい場合は、栄養健康補助食品などで、栄養を補うことも出来るので利用してみるのもいいでしょう。